緩和ケアとは

 主にがんが原因となって起こる症状を和らげて楽にする治療です。
痛みや、眠れない、食べられない、息苦しいなど、様々なからだの
症状をコントロールすることが基本ですが、これだけでは不十分です。気持ちの面での苦痛や、社会生活などの問題も解決を図るのが緩和ケアに求められる「全人的ケア」です。これによって
患者さんのみならず、ご家族のQOL(生活の質)をも高めることを目標とします。
当院はそのようなケアの目標を大切にしています。

緩和ケアはいつから始めるのか

 がんの治療といえば、とかく手術、抗がん剤、放射線治療など、がんを小さくする治療に目が向きがちです
 だからといって、それらの治療のあいだ、がんによる痛みや辛い症状を我慢しなければならないことは全くありません。しかし、現実には他の治療に頑張るあまり、症状に目を向けていないまま、がんの大きさやデータだけを指標に治療が進められることも多く見られます。
 緩和ケア医が早く関わりを持つことで、からだや心の痛みを和らげ、「
耐えるイメージのがん治療」から、
彩りのある生活を維持しながらのがん治療」へと転換できればと考えています。
 緩和ケアの提案を受けながら、なかなかイメージできず
かかわりが遅れてしまう方がおられます。身体の状態の
変化が目立ち始めてからでは、ご家族と協力して支える
環境を作ることが難しくなります。早めにご相談下さい。

 多くの患者さんが病院で過ごすことが当たり前の時代、
ほとんどの患者さんやご家族はまず初めに、「家で療養するのは心配」、
「病院と違って急変が心配」と考えられます。
 しかし、緩和ケアを専門とする医師が関われば、病院でも家でも施される医療の手段は変わりません。違いは、いつもそばに居るのがご家族なのか、医療スタッフなのかという点です。
 在宅=介護負担が大きいとのイメージがありますが、家にいることで精神的に穏やかになる患者さんも多く、支えるご家族も家事などの生活を維持しながら傍に居られる点では入院の面会の不自由さと比較して楽との声も多く聞かれます。
 初回のご相談では、このような様々な不安にお応えします。
家で長く過ごされるためには、からだの状態が変化してからではなく、早めにお付き合いを始めることが大切です。まだ病院に通えるから大丈夫・・・と思われている段階でご相談いただくことが、ご本人、ご家族いずれにとってもゆったり穏やかに過ごしていただくための秘訣です。

「在宅」緩和ケアとは